HOME ≫ シーズン別で見るブラックバスの行動

シーズン別で見るブラックバスの行動

季節によって、ブラックバスの行動は変わります。
現在どんな行動をしているのか、ブラックバスの視点で考えると釣果も変化して、よりバス釣りの魅力を実感できるかと思います。
こちらでは、春・夏・秋・冬のシーズンによって変化するブラックバスの行動をご紹介します。

暖かい日と寒い日が入り混じる春。この時期は、水温の変化が激しいため、日中は水温が上昇したとしても、朝や夜になると冷え込む可能性が高いです。
また、この時期のブラックバスは行動が鈍いため、ルアーを使用する際は目の前をゆっくり通すように、スローな感じでアプローチすることをおすすめします。
さらに、春はブラックバスの産卵時期でもあります。2月中旬から3月初旬までは、体力のあるデカバスに遭遇する可能性も高いといえます。

ブラックバス釣りを最も楽しめる夏。無事に産卵も終わり、食欲旺盛なバスがルアーにアタックする姿を目にできるかもしれません。
しかし、夏は気温も高く暑いです。昼間は、水面に木が覆い被さった日陰の場所であるオーバーハング、もしくはストラクチャー(障害物)の影に集まることが多いので、涼しい場所に注目すると良いでしょう。

昼は暖かく、夜は冷え込みやすい秋。この時期は、湖の水質が変わる季節になります。夏は涼しい場所に身を潜めていたバスも、秋になると過ごしやすい水温になるため、行動範囲を広げて様々な場所に移動します。
バス釣りを行う際は、ひとつの場所に集中するのではなく、広範囲に亘って釣ることをおすすめします。

1年を通して、最も釣るのが難しい季節が冬です。バスは、水温が低下すると動かなくなりますので、冬にバス釣りを行う際は、水温が安定している深場付近にポイントを当てると良いでしょう。

FLASH POINTでは、バス釣りのガイドを行っています。 初心者はもちろん、ファミリーやカップル、エキスパートの方まで多くの方にご利用頂いております。
広大な琵琶湖、湖北ならではのロケーションで、是非バス釣りをご堪能してみてはいかがでしょうか。