HOME ≫ ルアーの種類

ルアーの種類

バス釣りに欠かせない道具の一つの「ルアー」には様々な種類があり、場所や時期などによって使い分けます。
ここでは主なルアーの種類と各ルアーの特徴と使い方をご紹介します。

ハードルアーとソフトルアー

ルアーとは肉食魚のエサとなる小魚などに似せた疑似餌のことで、金属・プラスチック・木などでできた「ハードルアー」、合成樹脂・生分解性樹脂・ラバーなどでできた「ソフトルアー」があります。

主なルアー

「クランクベイト」
リールを巻くと水中でボディを揺らしながら魚を誘います。様々なモデルがあり、潜行深度によって使い分けます。
 ・サーフェスクランクベイト(表層)
 ・シャロークランク(浅瀬)
 ・ミドルクランク(中層)
 ・ディープクランク(深場)

「ミノー」
アクション(トゥイッチ・ジャーク)とポーズ(動かすのを止める)で生きた魚のように見せ、魚を誘うルアーです。

「トップウォーター」
水面に浮いて、動きや水しぶき、音などで、水面に追い詰められ逃げまどう小魚に見せ、魚を誘うルアーです。捕食の瞬間が目で見ることができ、とても人気のルアーです。

「バイブレーション」
中のラトル(鉄球やプラスチック球)やアクションにより、ブルブルと身体を振動させながら泳ぐルアーです。遠投が可能で、巻くスピードによって水深も調整できます。

「スピナーベイト」
ワイヤーにおもりつきのフック、もう一方に1枚~2枚のキラキラとしたブレードがついたルアーです輝きによる光と振動で魚を誘います。ブラックバスに適しています。

「バズベイト」
スピナーベイトに似ていますが、こちらはプロペラがついていて、水面で引くことにより巻き起こす水流と音で魚を誘うルアーです。

「ラバージグ」
おもりと針の周りに細いゴム紐の束を巻きつけたルアーで、外見は魚に全然見えませんが、アクションにより魚を誘います。障害物がある場所や湖底を狙うのに適しています。

「ワーム」
柔らかな素材のソフトルアーで、ミミズやザリガニの形をしたものがあり、針やおもりをつけ、動きで魚を誘います。様々なアクションが起こせるルアーです。

様々なルアーで楽しめるバス釣りですが、FLASH POINTでも豊富な種類のルアーをネットショップにて販売しています。
バス釣り愛好者に大人気の「ジョインテッドクロー」も販売しており、ジョインテッドクロー178Ver.1・ジョインテッドクロー178Ver.2や、ジョインテッドクローマグナムなど、FLASH POINTオリジナルの商品もございます。
また、ロッド・シンカー・フックなども取り揃えておりますので、是非一度FLASH POINTのホームページのショッピングページをご覧ください。